笑顔あふれる「街」松山市を目指して 松山市議会議員 武田こういち

国際石油開発帝石蟒田鉱場・視察

114日に「国際石油開発帝石蟒田鉱場」他を「えひめ民社協会」で視察いたしました。

視察内容は、以下の通りです。

---

 今回の目的は、日本で原油を採油している「国際石油開発帝石蟒田鉱場」他を視察する事により、

 今後のエネルギー政策の参考にする事にありました。

 

 「国際石油開発帝石蟒田鉱場」は秋田市八橋にあり、

 元は1941年に半官半民の国策会社として設立された帝国石油蠅任△蝓

 1950年に民間会社として再発足しましたが、2008年に国際石油開発帝石ホールディングス(株)、

 国際石油開発(株)、帝国石油(株)が合併し、国際石油開発帝石(株)として発足した会社でした。

 

最初に、「国際石油開発帝石蟒田鉱場」の事務所でパワーポイントによる

「油田の大きさ」や「地層別開発年代」・「地質構造」、そして「生産技術の推移」等の概況説明があり、

コア抜きしている地質等も見せてもらって説明を受けた後に意見交換しました。

 

この油田は日本国内でも有数の生産油田ですが、八橋油田北部地区では原油・ガスを通しにくい

砂層で残存する油・ガスの確認と生産性改善のため、近年大きく進化した堀削技術や生産技術の

最適な応用について技術検討を行っているとのことでした。

 

 

 ↑ ポンピングユニット

 

次に、車で外旭川プラントに移動し、現場施設を見ながら説明を受けました。

その中で変電所から自社で電柱を建ててポンピングユニット(採油機器)に電力供給している事や、

将来の海外展望も考慮して原油と一緒に組み上げられる水の処理について、

各種取り組みを行なっている事なども聞かせて頂きました。

 

また、採油機器のポンピングユニットは、ほとんど故障もなく

値段も為替の影響もあり一時の半額になっている事や、

採油では地下の油面をある程度一定に保つため、

Vベルトで回転数を調整」

「モーターで回転している回転体と接続するアームの穴の位置を変えストロークを調整」

している事等を教わりました。

今後のエネルギー政策を考えるのに非常に勉強になった視察だったと感じました。

 

今後も、有意義な視察に計画的に取り組み、地域の発展に寄与したいと思います。 

 

また、今回の視察とは直接関係ないが、

盛岡駅から秋田駅の間が秋田新幹線であるにも関わらず予讃線よりも遅かったことや、

大曲駅でスイッチバックし後ろ向きで走り出したのには驚きました。(東京 ⇄盛岡は普通の新幹線だった)

  

                                                     以 上


拓南中学校文化祭

11/5(日) 拓南中学校の文化祭がありました。

 


今年も、各クラスで選曲した歌を指揮者とピアノ演奏者の演奏で聴きました。

コンクール当日に向けてクラスでいろいろな話し合いをしながら進めて来たそうです。

 

歌声の強弱などかなり練習していると感じ、感動しました。

皆さん一生懸命に歌っていて、すばらしいと感じました。


素鵞公民館文化祭

11/3(金) 素鵞公民館文化祭があり、来賓として参加しました。

 

当日は、約300人ぐらいの方々が参加しており、

今年も盛大に開催されていたと思います。

 

 

そして拓南中学校の生徒が、オープニングセレモニーで

今年もソーランの踊りを見せてくれましたDocomo118

このような地域の行事は今後とも守っていかなければと感じました。


皇太子特別奉送

10/29(日) 当日は、15時前に市役所に集合し、専用バスで松山空港に移動しました。

松山空港では控室で通行許可書がわりの水引きを胸にし、注意事項等を聞いて、

松山空港の指定された場所に順番に並び、皇太子殿下を特別奉送しました。

 

9/29(金)の天皇皇后両陛下の特別奉迎の時と同様、2〜3m前を通過されましたが、

万歳や拍手、写真等はすべて禁止されていたので、目の前に来られた時におじぎを

するだけではありましたが、おもてなしが出来たと思います。

 

台風の影響で飛行機の運行があやぶまれていましたが、ほぼ予定通りで安心しましたDocomo118


子規記念博・生誕150年

10/14(土) 子規記念博物館で、子規・漱石・極堂、生誕150年記念式典があり、参加しました。

 

 

13時から市長のあいさつで開始され、13時20分頃から子規研究の第一人者である、

坪内稔典、京都教育大学名誉教授の基調講演があり、その後、坪内稔典さん、

ロバートキャンベルさん等で、パネルディスカッションがありました。


えひめ国体閉会式

10/10(火) 国体の閉会式があり、参加させて頂きました。

 

 

11時20分、県庁を専用バスで出発し、12時頃に砥部総合公園に到着しました。

開会式同様セフティーゾーン通過後に、指定の場所で閉会式に参加しました。

 

当日は、他の県はすでに競技の終了で帰っている選手が多い中で、愛媛県は

競技終了者も参加しているため非常に多く、全参加者全体の1/3以上は愛媛県選手団と感じるくらいでした。

 

結果は天皇杯、皇后杯とも東京についで準優勝とのことで愛媛県の獲得した得点は今までであれば

優勝にあたるぐらいの得点であり、愛媛県勢の大活躍があった大会だったと感じました。

 

選手、応援、そしておもてなしをしたすべての皆さん、お疲れ様でしたニコDocomo118


松山祭り

10/7(土) 朝4時30分に南小坂公民館を出発して夕方17時30頃まで、
地元と有志の方々を中心としたメンバーで松山祭りを楽しみましたonpu03

 

松山を元気にするためにも、各地域が元気にならなくてはいけないと、
感じた一日でした。

 


えひめ国体開会式

9/30(土) えひめ国体開会式があり、参加させて頂きました。

 

 

10時20分、県庁発の専用バスで11時頃に砥部の総合公園に到着し、

セキュリティーゾーンを通って指定の場所で開会式に参加しました。

 

天皇皇后両陛下が来られることもあり、13時〜16時頃まで

入退所出来ない状況での開会式でしたが、オープニングイベント等を含め盛大に開催されました。

選手の入場等でも愛媛県が開催県であるため、他県の約3倍はいたと思います。

 

選手の皆さん、天皇杯、皇后杯を目指して頑張って下さい。力こぶ


天皇皇后両陛下特別奉迎

9/29(金) 国体開会式のために愛媛県にこられる天皇皇后両陛下の特別奉迎が全日空ホテルでありました。

 

当日は市役所に集合し、通行許可書がわりの水引きを胸にし、注意事項を聞いて全日空ホテルロビーの

指定された場所に順番に並んで、両陛下を特別奉迎いたしました。

 

2〜3m前を通過されましが万歳や拍手、写真等はすべて禁止とされていたので

目の前に来られた時におじぎをするだけではありましが、おもてなしが出来たと思います。


飛鳥乃湯泉・開館記念式典

9/25(月) 道後温泉別館飛鳥乃湯泉2階大広間で開館記念式典がありました。

 

 

松山、愛媛の伝統工芸などがふんだんに使われた飛鳥乃湯泉でした。

今後、道後観光の目玉になる会館だと思いました。



武田こういち後援会事務所

〒790-0963
松山市小坂5丁目18-6